「こども110番の家・店」の存在は、人のココロに安心・安全です

「こども110番の家」を知っていますか?子どもたちが不審者から声をかけられたり、つきまとわれたり、わいせつなことをされたりなど、何か危険を感じたときに「このお家やお店に助けを求めてもいいんだよ」と、地域の中で地域の人々が子どもを見守る活動です。そのシステムとして、地域の小学校PTA連合会、自治体などにボランティアとして登録した、学童の通学路である周辺の民家や商店などが、助けを求めに来た子どもを一時的に保護し、警察や家族に通報するというものです。静岡県のホームページ「しずおか防犯まちづくり一言アドバイス」というコンテンツの中で、イラストなどを使い「こども110の家・店」について分かりやすくご紹介しています。

■困ったことがあったら、お店に来てね!

助けを求めてくる子どもは、不安や恐怖で興奮し、何があったのかを大人にすぐ話ができるのでしょうか。「こども110番の家・店」に登録する民家や商店は、普段から子どもたちと信頼関係をつくるなど、子どもが駆け込んで来やすい環境をつくることに心を配るといいます。モスバーガー1217店舗でも「こども110番の店」として全国に登録しています。2006年2月、広島の店舗で小学生3人が、駆け込こんで来たことがありました。お店のスタッフは、子どもを保護し、保護者・学校・警察に連絡。パトカーもすぐ駆けつけ、子どもたちは、大事に至らずに済んだということです。

モスフードサービス

モスフードサービス

モスバーガーの店舗を展開する株式会社モスフードサービスでは、地域・社会貢献活動の一環として、地域の子どもたちの安全を守る「こども110番の店」への登録を全国で推進しています。全国1,433店舗のうち1,217店舗で登録され、全店での登録を目指しています。

■シールやステッカーなどで分かる「こども110番の家・店」
〜ここが、こども110番の家・店ですよ〜
株式会社モスフードサービスの取り組み

「こども110番の家・店」として登録すると、表示シールやステッカーを家の玄関や店の入り口などに掲示します。デザインは、各自治体やPTA・警視庁・県警などでさまざまですが、モスバーガーでは「こども110番の店」が全国規模に広がったことから、統一デザイン表示シールを作成しました。統一デザインの表示シールは、各店舗に支給しています。

「助けて!」という言葉をうまく伝えられなくても「ピ〜」と鳴らしてみて〜こども110番のホイッスル〜

株式会社モスフードサービスでは、表示ステッカーのほかに地域貢献活動の一環として、「モスバーガーこども110番のホイッスル」も制作しました。「こども110番の店」登録店舗に来店した児童や親子連れのお客様を対象(各店先着100名)に2006年1月に配布したということです。ホイッスルは、縦7cm、横2cm、ネックストラップ付きで、デザインは、「うさこちゃん」(「ミッフィー」の絵本より)の絵で世界的に有名なオランダの絵本作家、ディック・ブルーナ氏によるものです。モスバーガーは、2005年からディック・ブルーナモデル店舗(「緑モス」フラッグシップショップ)を展開しています。社会貢献に熱心なアーティストとしても有名なディック・ブルーナ氏は、地域貢献を目的としたこのホイッスル製作の社会的な意義に賛同し、ホイッスルのデザインも提供したということです。(今年2007年はホイッスルの配布は、実施していません)

■全国チョキちゃんマークの床屋さん「理容子ども110番の店」
全国理容生活衛生同業組合連合会の取り組み

地域からの要請を受け、以前から「こども110番の店」になっていた理容店ですが、2001年、多くの理容店が加盟してる「全国理容生活衛生同業組合連合会」指導の下、全国の加盟店で「理容こども110番の店」をスタートさせています。

「理容こども110番の店」のステッカー

理容店のシンボルマーク『チョキちゃん』が、シンボルマークとして採用されています。シンボルマークには、1996年に一般公募した「理容店キャラクターマーク・コンテスト」(全国から集まった16,250点の作品の中)から選ばれました。松本零士(漫画家)、浅葉克巳(アートディレクター)により、柳葉敬氏(秋田県)の作品が最優秀作品として選ばれています。

実施にあたり店の安全・安心のことも考えています〜見舞金補償制度〜

この取り組みには、理容師さんが安心して営業できるようにと見舞金補償制度が創設されています。2001年12月、埼玉県でバックをひったくられた方が「理容こども110番」のマークに気づき駆け込みました。店長さんの敏速な110番通報で現行犯逮捕となり、2002年3月、犯人逮捕に貢献した功により、管轄である埼玉県・杉戸警察署長から表彰されました。

■企業「こども110番の家・店」表示シール、ステッカーをご紹介

【 株式会社 エヌ・ティ・ティ・ドコモ 東海 】 こども110番の家

株式会社 エヌ・ティ・ティ・ドコモ 東海では、『ドコモあんしんミッション』の取り組みとしてドコモショップ全店を「こども110番の家」へと展開しています。2006年8月より、愛知県内のすべてのドコモショップ96店舗を「こども110番の家」とし、10月には岐阜県、11月には三重県、静岡県の全店、4県すべての店舗で地域の社会貢献として取り組んでいます。
ホームページはこちら
【 広島県歯科医師会 】 こども110番の歯科医院

歯医者さんでも「こども110番の歯科医院」へと活動しています。広島県歯科医師会では、広島県警察本部の協力、助言の下、こども110番の歯科医院制度を発足させました。全国に先駆けたこの活動は、日本歯科医師会を通じて全国の歯科医師会に紹介され、三重県をはじめ、全国に広がりつつあります。
ホームページはこちら
【 日本民営鉄道協会 】 こども110番の駅

2006年4月より、日本民営鉄道協会に加盟している民鉄各社や、JR各社、公営鉄道の170社(2007年1月現在)は『きかんしゃトーマス』をキャラクターとして「こども110番の駅」を展開しています。その活動の中で、登下校の子どもたちに「おはよう、こんにちは」などの声をかけも行われ、子どもたちとのコミュニケーションも大切にしていきたいとのことです。
ホームページはこちら